おはようございます。
松崎です。
今日は、台風直撃です。
しかし、打ち合わせで外出してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

弊社はフラット35の取次店になっていますので不動産会社さんや建築会社さんから
フラット35の申し込みを受ける事も多々あります。

お客さんから直接受ける事もあります。

そんな中、業者さんで適合証明書の事を知らない業者さんがいます。

適合証明書とは、住宅金融支援機構で定めている基準を満たしている建物か
どうかを判断する証明書です。

フラット35は、融資する建物に関して一定の基準を設けています。
その基準に満たない建物は融資してくれないのです。

なので適合証明書が取れる建物である事が絶対条件なのです。

稀にこのフラット35を利用する際の適合証明書の事を知らない工務店さんがいます。
適合証明書って何??

フラット35を取り扱ったことのない業者さんではこの様な事が起こります。
知っているものだと思って進めていると適合証明書が取得できる建物基準ではない事が
発覚してフラット35の融資を受けられない・・・

なんて事ももしかしたら起こるかもしれません。
以前、私のお客さんでも小さな工務店さんに建築を依頼したお客さんがいました。

フラット35を利用するにあたり適合証明書の話をすると
「何それ??」と言われました。

危ない危ない・・・

事前に、説明をしておいたので融資までスムーズに進められました。

この様に適合証明書の事をしらない業者さんもいるんですね。
規模の小さい建築会社さんに依頼する時は、念のためフラット35を利用した事が
あるのか確認しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。