おはようございます。
松崎です。
今日は、毎年恒例のリフォーム会社社長の海の会に行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をしていると普段必要無い書類を請求される事がある。
一般的に給与所得者の方の場合、必要な書類は下記の様なものです。

・運転免許証と保険証の写し
・住民票
・印鑑証明書
・課税証明書
・源泉徴収票

などです。

本来は、上記の書類を提出すれば事足りるのですが、稀に他の書類を請求してくることがあります。

例えば
・雇用保険被保険者証
・住民税の納税証明書
・国民健康保険料の納付証明書
などです。

なぜ、銀行がこの様な普段必要無い書類を請求してくるかと言うと、審査をしている保証会社や銀行内部の審査部の方で
何かを感じ取っていると言うことなのです。

「この人、住民税滞納してないかな〜?」
と言うような感じです。

念のための確認ですね。
書類を請求されると言う事は、審査がダメな訳ではなく銀行も住宅ローンを貸せる可能性があるので
外堀を埋めているのです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。