おはようございます。
松崎です。
今日は、地主さんとゴルフに行って来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンの申し込みを1件したのですが、こんな心配事がありました。

そのお客さんの直近の年収は約1300万円でその前の年は1100万円。
1年間で200万円も年収がアップしているのです。

それの何が悪いのか?
と思う方もいるかもしれませんが、一般的に年収が1年間で200万円も上がる事が
レアケースです。

役職が上がっても200万円も上がることは少ないです。
銀行はここが気になり確認して来ます。

この時に固定給で年収が上がっていれば印象はいいが歩合など流動的な給与アップは
銀行によって嫌がる。

直近は1300万円だったが今年は1100万円に戻るかも知れない。
そうなると1300万円を基準に審査をするのは銀行としてはリスクがある事になる。

銀行の申込書には給与の内訳を記入する部分がある事もある。
それだけ年収に対しての歩合率がどれだけあるのか気にしているという事です。

今回のお客さんは年収の半分くらいが歩合給や等級手当などが占めており
銀行から質問される可能性が高いです。

前年と比べて年収の上がり率が高いときはこのような質問などを受けることがあるので
覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。