おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一でお客さんの決済に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お客さんからこんな質問を受けた。
ネット銀行ってどうですか?

この件に関しても先日お話しました。

弊社ではネット銀行での手続きをお手伝いしていない。
ネット銀行の場合、メールや郵送でのやり取りになり電話などの対応は本人しか出来ない。

弊社で代わりに対応するということが難しい。
その為、ネット銀行は弊社ではお手伝いが出来ない。

このお客さんにはこんな話しもした。

ある程度繰り上げ返済を見込んでいる場合はネット銀行の金利が低いという事はメリットにならない
可能性もある。

ネット銀行の金利の低い所は0.457%です。
ネット銀行ではないところでも0.495%があります。

支払い総額自体はネット銀行の方が金利が低いので安いですが、繰上げ返済をする予定が
あるとこの金利差での支払い総額の差額はほとんど無くなってしまいます。

というのもネット銀行は、保証料は0円ですが事務手数料が融資額の2%ほどかかります。
5000万円借りれば100万円+消費税です。

普通の銀行は事務手数料は50,000円+消費税ですが、保証料が融資額の2%ほど
かかります。

この事務手数料と保証料違いは繰上げ返済をすると分かります。
事務手数料は、一度払えば戻ってきません。

しかし保証料は、あくまで借入期間に対する保証料なので繰上げ返済をすることにより
借り入れ期間が短くなればその分、保証料が戻ってきます。

火災保険と一緒ですね。
35年一括で支払っていて5年で解約したら残りの30年分が戻ってきます。

この考え方と一緒ですね。

繰上げ返済を予定している人にとっては事務手数料で支払ってしまうと返金がありません。
保証料であれば返金があります。

その差額が支払っている金利と合わせて計算すると結局のことろ支払い総額は
変わらない可能性がありますね。

ネット銀行を考えている人は、事務手数料と保証料の違いを覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。