おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一で住宅ローンの相談が1件入っています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日から台風などの影響で各地で洪水の被害が出ていますね。
特に低い土地や河川の近くの家は気をつけたいところですが、高台にある土地も気をつけなければなりません。

今回のような大雨による洪水被害は、火災保険に加入していれば補償されます。
しかし、高台の土地だからといって水災を補償からはず方もいます。

マンションの3階や4階などであれば特に問題無いと思いますが
戸建ての場合、高台の土地でも気をつけなければなりません。

例えば、ゲリラ豪雨により敷地内が浸水し被害を受けることがあります。
また、隣地がこちらの敷地より高い場合も気をつけなければなりません。

水は高い所から低い所に流れます。

河川が近くなくても隣地から水が流れ込んでくると言うこともあるのです。

そういった状況を確認した上で火災保険の水災外しをするのかは検討しなければなりません。

また、隣地から流れ込んでくる流水を意図的にせき止めることは民法で禁止されています。
水が高い所から低い所へ流れるのは自然のことでそれを止めることはいけないのです。

民法では、こんな事も決められているんですね。

皆さんも河川に近くないからといって水災補償を外す時はちゃんと周りの状況を確認しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。