おはようございます。
松崎です。
今日から天気悪そうですね。
早く晴れて欲しいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日は、フラット35の事前審査では契約させてくれない事があるという
お話をしましたね。

フラット35は、事前審査の結果が本審査で変わる可能性が民間の銀行よりも
高いと説明しました。

では、フラット35を利用する場合どうしたらいいのか?

それは、本審査まで先に行ってしまう事です。
民間の銀行の本審査では、不動産売買契約ごの契約書等が必要となります。
売買契約締結まえでは本申し込みが出来ないのが一般的です。

しかし、フラット35は売買契約締結まえでも本審査ができてしまうのです。

ここは、フラット35と民間銀行の違いです。

フラット35も本審査で承認をもらっていれば余程のことがない限り融資してくれない
という事はない。

フラット35の利用を考えている人は、本審査まで通しておけば欲しい物件が
出てきた時にもスムーズに契約まで段取る事ができます。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。