おはようございます。
松崎です。
今日、明日と連休です。
ゆっくりしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前から不動産を購入する際は、先に住宅ローンの事前審査で承認をもらっておくと良い。
と言う話をしていましたね。

その方が気に入った物件が見つかった時にスムーズに契約ができる。
しかし、気をつけて頂きたいのは事前審査をフラット35で承認をもらっている時です。

フラット35で事前審査を通している場合、不動産会社によっては契約をさせてくれない事がある。
えっ!?事前審査で承認もらったのになぜ!?と思うかもしれませんが
実は、フラット35の場合、事前審査の承認結果が本審査ではひっくり返される事があるのです。

民間銀行の住宅ローン事前審査では承認結果がひっくり返ることはほとんどありません。
もし、事前審査が承認だったのに本審査で否決なったとしたら事前審査と本審査で申し込み人の
信用度が著しく低下したか事前審査での記入内容に虚偽の記載があった、購入物件の変更などにより
担保評価が著しく低下したなどが理由になります。

ここまでの事がないと民間銀行での事前審査の結果が本審査で変わる事はありません。

しかし、フラット35の場合は上記のような事がなくても本審査の結果が変わる事が
あるのです。

それはフラット35の審査の仕組みにあります。
フラット35の事前審査は、主に受付窓口になている銀行などで審査をしますが
本審査は、最終的に住宅金融支援機構が判断を下します。

その住宅金融支援機構が最後の最後で否決という結論を出すこともあるのです。
その為、事前審査と本審査の結果が変わる事があるのです。

なのでフラット35の事前審査の結果だけでは、高い確率で住宅ローンの審査が通る事が
担保されていないので契約を断られる事があるのです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。