おはようございます。
松崎です。
今日は、建物の打ち合わせに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談を受けました。
現在住んでいる家を賃貸にかして新しい家を建てたい。

と言う内容でした。

こう行ったケースはたまにあるのですが、既存の住宅ローンを貸している銀行に対して
説得しなければいけない事があります。

それは用途変更です。

住宅ローンは、基本的に居住用の建物にお金を貸す商品です。
それを賃貸に出してしまうと約定違反になってしまいます。

住宅ローンは基本的に建物を賃貸に出す事を許していません。
その為、住宅ローンを貸してくれている銀行に対して用途を変更する事を伝えなければ
いけないのです。

ただ、伝えたからといって銀行が簡単に「はい、いいですよ」とはいかない。

賃貸に出す理由が必要になるのです。
一般的な理由は、転勤をする為その間賃貸に貸したい。

と言うのが多いい理由です。

それ以外の理由だどかなり厳しい。

こういったケースの場合、銀行への交渉もしっかり行っていかなければならい。

同じケースで考えている人は、覚えおいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。