おはようございます。
松崎です。
今日は朝から新築現場の立ち会いに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

銀行によって貸してくれる銀行が違う。
A銀行は3700万円しか貸してくれないけどB銀行は4000万円までOKと言ってきた。

こう言う事って普通にあります。
借りる住宅ローンが変動金利か固定金利なのかでも融資額は違う。

ここで勘違いしないでもらいたいのは多く貸してくれる銀行が良い銀行とは限らないのです。

A銀行は3700万円と言ってきたけどB銀行は4000万円だから良い銀行・・・
審査がゆるい銀行・・・

と言う意味ではない。

同じ金利の種類で借りるのに多く貸してくれると言う事は、万が一の事も考えておかなければいけない。

住宅ローンの融資金額は総合的判断で決まるが申込者の年収割合から計算されるのもひとつの基準です。
特に変動金利の時は、金利が上がった時のことも考えておかなければならない。

融資額が伸びない銀行は、金利が上がった時のことを厳しめに考えています。
裏を貸せば借りた方は多少金利が上がったとしても生活を圧迫しないという事です。

逆にたくさん貸してくれる場合は、金利が上がった時に生活を圧迫する可能性があります。
もらっている年収に対してたくさん融資してくるのですからね。
それだけ返済付き額も多くなり金利上がれば支払い額はもっと多くなります。

銀行によって考え方違うんですね。
金利が4%になったとしても年収の40%以内なのか金利が2%になったとしても年収の40%以内なのか。

ここには大きな違いがあります。
後者の銀行で借りて金利が3%になったら年収に対して40%以内には収まらなくなります。
と言う事は住宅ローンの支払いが年収の50%になってしまう可能性もあるのです。

年収の50%が住宅ローンの支払いになったら大変です。
そもそも税込み年収での50%ですからね。

税引き後は手取りがもっと少ないですからね。

その点4%になったとしても年収の40%以内になるように融資額を決めてくれる方が良心的なのかも
しれませんね。

多く貸してくれる銀行が良い銀行とは限らないと言う事を覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。