おはようございます。
松崎です。
昨日は、ハウスメーカーの営業マンさんへセミナーでした。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、審査に落ちたというお客さんの事でハウスメーカーの営業マンが相談の
連絡をしてきました。

自営業の方でフラット35の審査を出したそうなんですが、審査に落ちたそうです。
営業マンが自営業の方でフラット35以外で通せそうな銀行はありますか?

と聞いてきました。
フラット35は一度落ちたので他に通りやすい銀行を教えて欲しいという事でした。

ここでポイントがあります。
フラット35の審査は、どの段階で落ちたのか?
という点です。これによっては、再度フラット35で審査を出す事が可能です。

フラット35は、受付をしている民間の金融機関と住宅金融支援機構の両方で審査をしています。
住宅金融支援機構の審査は一律ですが、民間金融機関の審査基準は各金融機関で違います。

なので、今回相談のあったお客さんが受付をした民間金融機関で審査に落ちたのか?
住宅金融支援機構の審査で落ちたのか?を確認する必要があるのです。

住宅金融支援機構で審査に落ちていれば再度申し込みをしても可能性は低いですが
受付をしている民間金融機関であれば可能性があります。

他の受付をしている民間金融機関に出せば審査が通る可能性があります。
先ほど話した通り受付金融機関の審査基準は各金融機関で違います。

再度フラット35で審査をしたいときは、まずは受付金融機関か住宅金融支援機構か
どちらで審査に落ちたのかは確認しましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。