おはようございます。
松崎です。
今日は、現地にて不動産の物件を査定してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンを借りる際に他の借り入れがあると、どのくらい融資額に影響があるのか
気になりますよね。

今日は、そこを少しお話ししたいと思います。

まず、審査を出す銀行によって削られる融資額が違うことを覚えておいてください。

例えば都市銀行の審査の厳しい銀行だと既存のローンの月額に対して4428円を割ります。
月額30000円のオートローンを組んでいるとします。

計算方法は、30000円÷4428円という計算になります。
この答えは、6.77です。
これに100万を掛けると答えになります。

答えは677万円です。
と言うことは、30000円のオートローンを残したまま審査をすると
融資上限額から677万円減額されると言うことです。

年収から計算して4000万円まで借りれる人は、30000円のオートローンを
完済しないで審査をすると677万円引かれて3323万円が融資額の上限に
なると言うことです。

あくまで一つの基準ですが、既存のローンを残して審査をすると結構な金額が
減額されるんですね。

希望額借りれない場合は、既存のローンを完済する必要も出てくるのです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。