おはようございます。
松崎です。
今日は、予定が埋まっています。
最後は借り換えの相談です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

借地を借りている人の場合、審査時に注意してほしいことがある。
それは、借地料が返済負担率に含まれるということです。

借地の場合、毎月地主さんに借地権料をお支払いしていると思いますが
それが、審査に影響するのです。

希望額借りれるかと思ったら借地権料が毎月2万円かかっているため融資がくを
500万円削られた・・・
という可能性があるのです。

借地権料は、ローンと同じ扱いを受ける可能性があるのです。
その為、審査に影響があるのです。

ただ、これは借地契約をしている人が住宅ローンの申し込み人と同一だった場合に
この様な事になります。

住宅ローンの申し込み人が借地契約をしている人と別であれば関係ないのです。
これは銀行によって対応が違うかもしれませんが、だいたいどこの銀行も同じです。

例えば、母親が借地権契約者で息子が住宅ローンの申し込み人。
この様な場合は、審査に影響がないのです。

借地に家を建てる時は、誰が借地人契約者で誰が住宅ローンを申し込むのが
良いのか考えましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。