おはようございます。
松崎です。
今日は、お休みをいただいて初島へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

数年前から不動産売買契約書にも反社会的勢力の排除条項などが盛り込まれて
きました。

実は、住宅ローンの審査においても4月から申込者が暴力団関係者ではないのか
情報を確認している銀行も増えてきました。

この調査により審査時間が以前よりもかかる様になっています。

ここで暴力団関係者であることが判明した場合、当然審査は否決になります。
そうなれば、契約書に記載されている反社会的勢力の排除条項により
多額の違約金がかかります。

損害賠償金・違約金は最大80%になります。

売買金額の80%です。

5000万円の物件であれば4000万円ということですね。

これだけ、暴力団関係者などに対しては厳しい措置が取られています。

数年ほど前に私の元にもこんな依頼がありました。
1棟マンションを売却したい売主さんを紹介したい。
と、持ちかけられました。

おかしな事に不動産会社さんからの依頼でした。
不動産会社であれば自分たちで売却の依頼を受ければ良いのだが自分たちでは
できないと言ってきました。

その理由が売主が暴力団だからというのです。

そんな取引、弊社でも出来るはずがありません。

皆さんも、もし買主さんや売主さんに違和感を感じたら気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。