おはようございます。
松崎です。
今日は、一日外出予定です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

奥様を収入合算する際に産休の場合どうなりますか?
という質問を受けることもある。

産休中の場合、審査時は収入合算は出来るが金銭消費貸借契約までに復帰することが
条件になることも多くあります。

また、合算する収入も各銀行で考え方が違います。
既に復帰していれば、1年分の満額もらっていた時の収入額で合算してくれる銀行もあれば
復帰してからの収入を年収に割り戻して計算をする銀行もあります。

復帰していなければ全く合算できないという銀行もあります。

この様に銀行によっても対応は様々です。

育休中も6割の給与が支給されている会社もあります。
この様な場合、この給与(年収)を合算できます。

ただ、気をつけなければいけないのが、給与なのか育児休業給付金なのかという点です。
公務員であれば公務員共済から給付金が支給されています。

給付金はあくまで保険金であって給与ではありません。
この様な場合、いくら毎月お金をもらっているからと言っても収入としては見てくれない銀行が
多くあります。

育休中に収入合算をしたい時はもらっているお金が給与なのか?給付金なのか?
しっかり確認をしてみましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。