おはようございます。
松崎です。
今日は、京都からブログを書いています。
これから金消契約を行い18時の打ち合わせに間に合うように帰ります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、ハウスメーカーの営業マンから住宅ローンの相談を受けました。
勤続8ヶ月の人だったのですが、どこの銀行に申し込んだのかと聞くと
信託銀行、都市銀行、信金・・・

話しを聞いていると、どこの金融機関もそもそも難しい銀行です。

お客さんは勤続8ヶ月で属性は弱め。
そんなお客さんを審査基準の厳しい銀行に住宅ローンの申込みをしていたのです。

これでは、通る可能性のあるお客さんも可能性が低くなります。

信託銀行系は元々審査基準が高めです。
属性が良くなければ審査に落ちてしまうことも多く、私もあまり出しません。

そして申し込んでいた都市銀行ですが、ここも少し審査基準が高め。
この都市銀行は審査に落ちたけど他の都市銀行では問題なく審査OKがだたというケースは多々あります。

私も同じ経験を昔しています。

そして、信用金庫です。
この申し込んだ信用金が利用している保証会社は、少々個人の信用情報にうるさいところなので
今回の様な属性が弱い人の場合、私は出しません。

この様に銀行を選ぶという作業が住宅ローンを上手く通すには必要になるのです。

銀行は、数打てば当たる。
ではなくピンポイントで狙っていくことが大切です。

銀行とお客さんのミスマッチを防ぐ。
これが一番大切なんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。