おはようございます。
松崎です。
今日から出張で名古屋からの京都です。
出張は久しぶりです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フラット35には【フラット35S】と言う商品があります。
このフラット35Sを利用すると一定期間金利優遇がありますのでお得です。

ここで注意が必要なのですが、このフラット35Sを利用するためには建物の仕様を
住宅金融支援機構が定める基準にしなければならないと言う事です。

そして審査の際にフラット35Sを利用する前提で審査をしていたが実際は
フラット35Sを利用できない建物資料に変わった時には注意が必要です。

当初、フラット35Sで審査をしていたが実際はフラット35Sが利用出来ないとなると
内容変更が必要になり、最悪の場合、審査結果がひっくり返ってしまう
事があるのです。

承認だった審査結果がまさかの否決・・・・

そうなったら大変です。

場合によっては建物の建築が完成間近の可能性もあります。
そうなれば一大事です。

大手ハウスメーカーは標準仕様がフラット35Sが利用できる基準が標準である事が
多いので問題無いかもしれないがフラット35Sが利用出来ないときは審査時に
フラット35Sで審査をしたのかどうかを確認しましょう。

万が一のフラット35Sで審査を行いフラット35Sが利用できないときは
上記の様な事が起こってしまう事があります。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。