おはようございます。
松崎です。
今日は、夜にフラット35の勉強会があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんなお客さんがいました。
今の家を売却して新しい家を買いたい。

普通にあるケースだと思います。

こういったケースの場合気をつけてもらいたい事があります。
このお客さんは、これで失敗しています。

それは、売却する家の契約書にも購入物件の住宅ローンが通らなかったら
同じく白紙解約にすると言う特約です。

これを停止条件付き契約と言います。

このお客さんは、家の売却を大手不動産会社さんに任せて売却をしました。
その際の契約書に購入する物件の住宅ローンが通らなかったら売却契約は白紙にする
特約がありませんでした。

その事を不動産会社さんに言ったら、違約金が数百万円がかかると言われてしまい
この結果、売却を止めることは出来ずにそのまま売却する事になりました。

購入物件の住宅ローンは審査に通らなかったので当然住む家はなくなり
泣く泣く賃貸に引っ越す事になりました。

売却と購入がある場合は、購入の契約だけにローン特約をつけるのではなく
売却物件にも購入物件のローンが利用できなかったときの特約を必ず入れましょう。

そうしないと最悪の場合、住む家を失います。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。