おはようございます。
松崎です。
今日は、ハウスメーカーの営業マン向けにセミナーを行ってきます。
久しぶりに喋る仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅展示場でこんな住宅ローンの相談を受けました。

今住んでいる家を売却して新しい家を建築する。
その場合、今住んでいる家の住宅ローンはいつまでに完済をすればいいのか?

という内容でした。

こういったケースの場合、皆さんの希望は大体こうだと思います。

今の家に住みながら新しい家の建築をして完成したら引っ越してそのタイミングで
今の家の売却ができて住宅ローンが新しい家のローンと重ならない様にしたい。

まさに理想的です。
仮住まいしないで余計な費用を使わず、なおかつ新しい住宅ローンと支払いを重ねない。

これができれば無駄な事がありません。
実にスマートな進め方です。

この様な住み替えの場合、どんなタイミングで今の家を売却しなければいけないのか?
いつまで今の住宅ローンを完済しなければいけないのか?

これは、本人たちが決められず住宅ローンを新しく組む銀行にコントロールされてしまいます。

新しく住宅ローンを貸してくれる銀行の判断によるという事ですね。
その銀行が、住宅ローンの金銭消費貸借契約までに既存の家の売買を完了させてください。
と言われれば、早めに売らなければなりません。

そうなると家を買ってくれる人が建物が完成して引っ越すまで引き渡し猶予をくれなければ
先に引っ越して仮住まいが必要になります。

建物が完成するまでに売買契約をすませてくださいという事であれば建物完成近くまで
時間を引っ張れるので仮住まい費用もそれほどかからない可能性もありますし
今の家の買主さんから引き渡し猶予を1ヶ月くらいもらえれば、うまく仮住まいをせずに
引っ越せる事も出来ます。

新しい家の融資実行から1ヶ月以内くらいに売買契約まで済ませてください。
と言われれば一番理想です。

余計な費用をかけずにうまく引っ越す事ができます。

この様に住み替えの場合、今の家の売却のタイミングなどは新しく住宅ローンを貸してくれる
銀行にやり方に合わせる必要があるのです。

買い替え予定の人は覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。