おはようございます。
松崎です。
今日で連休最終日ですね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンのお手伝いをしたお客さんから連絡がありました。

税務署からお尋ねが来たけどなんだろう??
という質問でした。

そもそも税務署は何故不動産を購入したり売却したりすると分かるのだろうか?
不動産を購入したことを登記するのは法務局だけであり税務署には申告しない・・・

では何故税務署は分かるのかというと法務局です。

実は、法務局で登記された内容は、税務署に通知されているのです。
その為、税務署は不動産を購入したり売却した事が分かります。

私のお客さんで以前、相続対策で子供2人に不動産を贈与したお客さんがいました。

贈与の申告をしていなかったのですが、事務所からお尋ねのお手紙が届きました。

税務署には黙っていたのに・・・何故??
と言われた事がありましたが、これも登記内容を変更したことにより法務局から
税務署へ通知がいきました。

このお客さんは、黙って贈与すればバレずに税務金も払わずにすむと思っていたそうです。

そう簡単にはいきませんよね。

登記内容を変更すると税務署にはバレます。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。