おはようございます。
松崎です。
今日は、ゴールデンウィーク中びでお休みです。
明日からまた、お仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、親が所有している古家をリフォームするには建物の所有者しかローンが組めない。
とお話ししました。

でも親は定年・・・
仮にローンが組めたとしてもその毎月の支払を息子夫婦が支払えな親に対して贈与になると
お話ししました。

では、どうすれば良いのか・・・

実は、こんな方法があります。

冒頭でも”建物の所有者しかローンが組めない”と話しました。
では、息子も建物の所有者になれば良いのです。

どう言う事??
と思うかもしれませんが、簡単です。
建物の持ち分をほんの少し贈与してもらえば良いのです。
それも、110万円以内の贈与であれば贈与税がかかりません。
仮に建物の価値が1000万円なら10分の1を贈与してもらえば100万円を
贈与してもらった事になりますので贈与税がかかりません。

これにより、息子が10分の1でも持ち分を持って入れば息子の名義で
ローンを組む事ができます。

これにより大規模リフォームをする場合でもお金を借りる事できますので
計画を進める事ができます。

古家を大規模リフォームする。
そんな時にローンを使う場合は、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。