おはようございます。
松崎です。
今日は、書類作成に追われそうな一日です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅展示場に行くと色々な家が建っていますが、地震対策も各建築会社で違います。
最近では建売住宅でも耐震等級が1番高い3等級をとっている会社もありますね。

この耐震等級って何なのでしょうか?

耐震等級とは、建物の強度を表す1つの指標になっています。
主に耐震等級には3段階あり耐震等級1,2,3と3つの段階に分かれています。

耐震等級1は建築基準法を満たす一番低い水準になります。
それでも、数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない。
数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度の強度があります。

建売住宅ではこの耐震等級1で建築されている住宅が多くなります。

ハウスメーカーなど注文住宅で建築する場合は、耐震等級2、3が標準仕様になってきます。

耐震等級2は、耐震等級1の1.25倍の地震が起きても耐えられるとされています。

耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の地震が起きても耐えられるとされています。

この様に耐震等級は3段階に分かれており建築する会社で標準仕様が違います。

大手ハウスメーカーは基本的に耐震等級3がほとんどです。

皆さんも家を購入する前に一度その家が耐震等級いくつなのかを見てみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。