おはようございます。
松崎です。
今日は、比較的余裕のある1日です。
ゆっくり仕事したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、ハウスメーカーの営業マンからフラット35の申込みを頂きその審査結果で
こんな話しがありました。

「留保って何ですか?」
どうやら留保を知らなかった様です。

建築の営業マンでもフラット35の事を知っている人もいれば知らない人もいます。
今回の営業マンは、あまりフラット35を利用した事がなかった様です。

住宅ローンの審査の結果には、OKかNGしかありません。
”留保”といのは簡単にいうと△(さんかく)という状態です。

OKでもなければNGでもない。
そんな状態が留保です。

NGではないので審査に進めてください。
という状態です。

なぜこの様な事が起きるのか?

フラット35は、住宅金融支援機構が提供している住宅ローンです。
住宅金融支援機構は、このフラット35という住宅ローンの販売を各金融機関に
任せています。

例えると
ポテトチップを作っているお菓子メーカが住宅金融支援機構でそれを売っている
コンビニが各金融機関です。

なのでどこのコンビニでもポテトチップスが買えます。
フラット35も取り扱っている銀行であればどこの銀行でも申し込む事ができます。

その為、住宅ローンの審査を行うのが申し込んだ銀行で審査をして住宅金融支援機構でも
審査を行います。

この時、事前審査では住宅金融支援機構は細かく審査を行いません。
その為、住宅金融支援機構がOK・NG以外に△(さんかく)という結果を出してくるのです。

そしてフラット35の審査は、留保という結果はよく出て来ます。
それほどガッカリする必要はありません。

事前審査が留保でも本審査は問題なく承認をもらえることの方が多いです。

”留保”は審査がダメだったということでありません。
本審査で問題なく通ることの方が多いです。

フラット35には”留保”という審査結果がある。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。