おはようございます。
松崎です。
今日は、弊社全社のグループゴルフコンペです。
頑張ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ようやく着工の目処が付いてきたお客さんがいます。
土地を購入してご自宅を建てるのですが、土地を購入してから約1年、建物の請負契約をしてから1年1ヶ月・・・
着工は6月末くらいで引渡しが来年の3月です。

土地を購入してから建物が完成するまで2年です。

今日お話ししたいのは土地を購入してから建物が完成するまでの期間のお話です。

土地購入代金と建物の建築代金。
この2つを一般的には住宅ローンで支払いすると思います。
土地を購入して建物を建てる。
実はこのケースの場合、銀行から期間を定められる事があるのです。

建物は、土地を購入したから建築を開始しますよね。
と言う事は先に土地の代金は売主さんに支払わなければなりません。

銀行は、土地建物の融資金の中から先に土地の代金だけを融資してくれます。
残りの建物代金は建物が完成してから融資をするという仕組みです。

この時に期間を定められるのです。
どんな内容かと言うと土地代金を融資してから1年以内に建物を完成させてください。

という内容です。

この1年以内という期間を過ぎてしまうとどうなるのか?
実は、私のお客さんでお一人いました。

ハウスメーカーとの打ち合わせが長引き、着工直前に契約破棄になり1から建築会社さがしをしたけっか
土地の融資を受けてから1年以内に建物を完成する事が出来ませんでした。

その結果、1年経つ頃にこの事を融資してくれている銀行に話したら一括返済を求められました。

その為、他の銀行の再度住宅ローンの申請をしその銀行から土地代金の融資金額を元銀行に返済し事なきを得ました。

この様に1年以内に建物を完成させないと銀行によっては一括で返済して欲しいと言ってくるんですね。
ただ、建物完成まで1年以上掛かる事はほとんどありません。
よっぽどの豪邸か打ち合わせや工事がスムーズに進まなかった時です。

冒頭でお話ししたお客さんは、既に1年経過しているが土地代金は現金で購入されたので特に問題ありません。
建物代金のみ融資なのです。

土地代金の融資を受けたら1年以内に建物完成。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。