おはようございます。
松崎です。
今日は、貯まっている仕事を片付けたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日40代後半のご夫婦の住宅ローン相談を受けました。
ご主人と奥様お二人で住宅ローンを組みたいという相談です。

この時に注意したいのが年齢です。
ご主人のご年齢は48歳、住宅ローンは一般的に80歳完済としている銀行が多いので
ローン期間は年齢が1つ繰り上げになるので31年になります。

と思っていたら合算予定の奥様のご年齢が55歳でした。
見た目はご主人より下と思っていたんですが・・・

こういった場合、年齢の高い方に借り入れ期間が引っ張られる銀行があります。
と言う事は24年です。
このお客さんが申込み予定だった銀行はまさにこれです。

こうなると期間が短くなった分、毎月の支払い額が上がります。

これにより想定していた毎月の支払い額がオーバーするという事で借入金額を減らそうかとなったんですが
銀行によってはこんな方法もあります。

合算予定の奥様の年収を半分だけ合算するという方法を取れば奥様の年齢に引っ張られずご主人の
年齢で融資期間が取れる銀行があるのです。

今回のお客さんは奥様の年収を半分だけ合算しても希望している借入額まで借りれるので
この方法をとりました。

ご夫婦で一緒に住宅ローンを組む時はこの様な事もあるんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。