おはようございます。
松崎です。
今日は、朝から打ち合わせがつづき移動距離が多そうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、融資実行前に転職してしまったお客さんの話をしましたね。
住宅ローンの審査の際に在席確認がされても融資実行が数ヶ月先になる場合
もう一度在席確認をする事がある。

というお話でしたね。

今日は、もう一つ過去にあった事例をお話します。

このお客さんも無事審査が終わり融資実行の準備をしていました。
融資実行は1ヶ月後で1週間前には金銭消費貸借契約(以下、金消契約)を
行う予定でした。

金消契約の1週間前に当日の必要書類をお客さんに伝えた時に
「実は妻が3日後に会社を辞めるのですが、保険証を返納しなければならないんです」

と言ってきました。

在席確認は終っており融資実行までそんなに時間が開かないので再度在席確認が入ることは
ありませんが、保険証が返納になってしまう・・・

金消契約の際は、身分証明書として免許証と保険証の提示を求められる事が
あります。
その際に奥さんの保険証が審査の時とは変わってしまう・・・
これは一大事です。

取り急ぎ退職するのを止めたいと会社に言ってください!
と話してましたが、奥さんは「今さら言えない!」と言ってきました。

ここまで来て融資を断れて現金で6000万円を用意するのと
問題なく融資してもらうのとどっちが良いんですか?

と話し、言いにくかったとは思いますが退職するのを遅らせてもらいました。

住宅ローンの審査後、時間が開かなくても退職や転職してしまえば在席確認されなくても
保険証などの定時で銀行にはバレてしまいます。

退職や転職は、絶対に融資実行の後!!

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。