おはようございます。
松崎です。
今日から新年度ですね。
新入社員が入ります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日から4月になりましたね。
新入社員も転職した人もいると思いますが、前日4月1日に転職が決まっている人の
住宅ローンの相談がありました。

転職が決まっているが住宅ローンの審査は通るのか?というのがメインの相談でした。

結論から先に申し上げますと転職が決まっている場合、住宅ローンを借りる事は”限りなく”難しくなります。

以前、同じようなご相談を受けた事がありました。

4月1日に転職が決まっており住宅ローンの審査をしたら通らず奥様をメインの主債務者にして審査が通った。
しかし、金利も2%近くでもっと金利の低いところで奥様ではなくご主人を主債務者としてローンが借りれないのか?

という相談でした。

このお客さんは、お父さんがある銀行との付き合いがありその銀行と交渉して奥様が主債務者で2年後に
ご主人への債務者変更の審査を行うと言う事と金利を0.7%で借りる事が出来ました。

これは、あくまでイレギュラーでお父さんがある銀行との付き合いがあったからこそできた案件です。

銀行は、転職を決まっている人に基本的にはお金を貸しません。
それがいくらキャリアアップだったとしても一定期間の勤務実態が必要になります。

今回のお客さんもキャリアアップでしたが、状況は厳しそうです。

住宅ローンを借りる予定がある場合、転職や退職は避けなければなりません。
融資を受けた後であれば転職や退職しても銀行からは何も言われませんが、これから住宅ローンを
借りようとしている場合は、絶対にダメです。

転職や退職時期を遅らせるか転職して一定期間が経ってから住宅ローンの申込みをしましょう。

転職や退職が決まっている状態では住宅ローンが借りられません。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。