おはようございます。
松崎です。
今日は、昨年から取り組んでいた案件の決済です。
無事決済ができて良かったです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、お客さんからこんな事を言われた事がある。
「サラリーマンって住宅ローンは借りづらいですか?」と質問を受けた。

どうやらこのお客さんは、サラリーマンよりも収入の高い経営者や個人事業主の方が住宅ローンを借りやすいと
思っていたようです。

結論からいうとサラリーマンの方が借りやすいです。
経営者や個人事業主にもよります。

大手企業の社長だったり、弁護士や医師など士業は住宅ローンは借りやすい。
しかし、経営者も士業もそんな人ばかりではない。

一般的には経営者や個人事業主は住宅ローンが借りにくい。
と言うよりかは審査基準が厳しい。

比べてみると
サラリーマンは物件価格+諸費用まで貸してくれる事があるが個人事業主だと貸してくれない事がある。
サラリーマンは自己資金を求められる事が少ないが個人事業主だと自己資金を求められる事が多い。
審査時に利用される審査金利がサラリーマンだと4%なのに個人事業主だと5%で審査される。
※審査金利とは、審査時に銀行が利用する金利であり金利が高ければ高いほど融資額は低くなる。

のようにサラリーマンと経営者や個人事業主では条件が異なってくる。

サラリーマンは住宅ローンが決して借りにくいと言うことはない。
むしろ借りやすい方です。

しかし、サラリーマンでも支払いの状況が悪かったり借入が多かったりと状況が悪ければ
当然、貸してくれません。

経営者や個人事業主でも特に状況が悪くなければ条件が悪くなることもない。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。