おはようございます。
松崎です。
今日はお休みです。でも夜からアポがありますの出かけます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、破産した人の住宅ローンの注意点をお話ししましたね。
10年経過する前に審査はなるべくは出さない方がいいと話しました。

今日は、それ以外の注意点をお話ししたいと思います。

まず、10年経過した後にご自身の個人情報から破産の記録がなくなった場合
どこの銀行に住宅ローンを申し込んでも審査が通るとは限らないのです。

気を付けなければいけないのが破産をした際の債権者です。
破産した際に債権者の中にA銀行、B銀行、C銀行あったとします。

その3つの銀行は、貸したお金が破産によって貸してもらえなかった銀行です。

その銀行に10年経過して個人情報が綺麗になったから住宅ローンを貸してくれと
言っても貸してくれないですよね。

だって一度お金を貸したら返してくれなかったのですから。

信用情報機関の情報が消えたとしても銀行としてはお金を貸してもらえなかった
という記録を10年で消すとは限りません。

永年記録が残っている可能性があります。
そうなれば、その銀行からすれば永年ブラックです。

破産から10年経過した後に住宅ローンの審査を出す場合は、破産時の債権者が
絡んでいる金融機関は避けましょう。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。