おはようございます。
松崎です。
今日は、夜から経営者仲間の食事会に出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

事業用のローンは返済負担率に入れない。
そんな審査基準を持っている銀行もあります。

個人事業主の方の場合、運転資金や設備資金を個人名義でローンを組んでいます。
そのローンまで住宅ローンの審査に入れられてしまうとあっという間に年収に対しての
返済負担率がオーバーしてしまい審査に落ちてしまう。

返済負担率のおさらいですが
一般的には年収400万円未満が30%で400万円を超えていると35%になります。
この辺は銀行によっても違います。

年収が500万円であれば返済負担率は35%で年間返済額175万円で月にすると
145,833円です。

住宅ローンとその他の分割払いやローンを含めて毎月145,833円以内であればとりあえずは
返済負担率はOKです。

これを超えてしまうと審査には通らない。
車のローンを毎月30,000円支払っていれば住宅ローンの返済としては残りの115,833円
までです。

ここで個人事業主の方が運転資金で毎月10万円を銀行に返済しているとなると
住宅ローンで借りられるのは45,833円だけです。

全然希望額が借りられませんね。

そうならない為に事業で借りている融資について審査に含めいないとする銀行を
選ぶ必要があります。

ただし、事業で利用している事がわかる資料も必要になります。
運転資金などは契約書などで利用目的がわかりますが特に注意が必要なのは車です。

車は、プライベートの車のなのか仕事用なのかが契約書では分かりません。
この車を事業で利用していると証明するためには確定申告書で減価償却をしている
必要があります。

個人事業主の方の場合、色々と書類のエビデンスが必要になります。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。