おはようございます。
松崎です。
昨日は久しぶりに遅くまで事務作業でした。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、賃貸併用住宅のコンサルティングでハウスメーカーさんからお客さんをご紹介頂いたのですが
その会話の中でこんな話がありました。

「多分融資は〇〇信金で通ると思うよ」

このお客さんは、会社経営者。
○○信金は会社のメインバンクだと思い「○○信金は会社のメインバンクですか?」と聞くと
やはりメインバンクでした。

以前もお話ししたかもしれないが、私はメインバンクで住宅ローンを借りるのは最後の手段と思っています。

会社のメインバンクだし多少の融通もきくから住宅ローンも通りやすい。
確かにそうかもしれないが、メインバンクに自宅の住宅ローンの残債金額は分からない様にしておいて方が
良いと思っています。

もし会社の経営が傾いてきた時にメインバンクは残債の減っている自宅に必ず目を付ける。
売却しろと迫ってくる事もある。

その時に住宅ローンの残債金額が減っていれば売却益からの資金回収を迫ってくる可能性もある。

そうなる可能性があるのであればメインバンクには残債がどのくらい残っているかは分からない様に
しておいた方がいい。

欲を言えばご自身ではなく奥様の名義にできるのであればなおのこと良いと思います。

万が一の時には自宅は奥様名義なので自宅だけは手放さなくてすむ。

会社経営者の場合、メインバンクが借りやすいので良いかと思いますが、もしもの事を考えると
メインバンク以外で住宅ローンを借りる方が得策ですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。