おはようございます。
松崎です。
今日は、展示場でお客様の賃貸経営のシミュレーションをする予定です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、奨学金を借りている人が毎年約3000人破産をしているとニュースでやっていました。
奨学金で破産する人は多いんですね。

当然、破産をしたらクレジットカードや住宅ローンも組めなく可能性が高くなります。

以前、こんな質問をお客さんから受けた事があります。
住宅ローンの審査の前に「過去に支払いに遅れてしまった事とかはありませんか?」と
質問をしたらお客さんから
「去年、奨学金の引き通しが数回できなかった事があります」

と言われました。

その事が理由で住宅ローンが借りれないのではないかと心配されていました。

ここでポイントなのが奨学金の場合、何ヶ月支払いが遅れてしまったかです。
一般的なカードやローンの支払いは1カ月遅れれば信用情報機関に遅延登録されてしまいます。

しかし、奨学金の場合(日本学生支援機構)は違うのです。
3ヶ月支払いに遅れてしまうと遅延登録されてしまうのです。

したがって1カ月、2ヶ月支払いが遅れても遅延登録されないのです。

ここが一般的なカード会社やローン会社と違うところです。

このお客さんが遅延したのは引き落とし日に引き落としが出来なかった事が数回。
その後すぐに支払っていますので特に問題ありませんでした。

日本学生支援機構は、全国銀行協会に加盟していますのでCICなどの信用機関では記録が出ません。
なので仮に3カ月以上遅延して遅延記録がされていたとしてもカードなどの新規申し込みは
CICの信用情報をもとに調査をしていますので新規でカードが作れてしましますが
住宅ローンはそうはいきません。

全国銀行協会の信用情報を調べますので遅延記録は出てしまいます。

なーんだ!3ヶ月は滞納しても平気なんだ!
と、安易な考えはせずに毎月しっかり払っていきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。