おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中から都市銀行さんと打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、フラット35の申込みで8000万円という案件の審査をしました。
8000万円という金額はフラット35での融資上現金額です。

銀行融資は基本ベースで1億円という金額ですが、属性によってはそれ以上に融資できます。

しかし、フラット35は融資額8000万円が上限でいくら属性が良くてもそれ以上の融資はできません。
なので今回のお客さんは上限MAXの融資額でした。

実は、フラット35には融資額が8000万円以下でも融資できない条件があるのです。
それは審査に通らないという事ではなくて土地建物の総事業費です。

土地建物の金額が1億円を越えると融資額が1000万円だったとしても融資できなくなるのです。
例えば、土地建物の金額が1億1000万円で自己資金を1億円だすから1000万円だけ
融資して欲しい。

というのができないのです。

土地の取得費と建築費用が1億円を越えた時点で融資不可となってしまうんですね。

なかなか1億円を超える事は無いと思いますが、地価の高いエリアでは1億円は簡単に越えてしまいます。

その他にもフラット35には、融資条件が色々とあります。

建物の面積や土地の面積、建物の適合基準などクリアしなければいけないポイントのがあります。

特に中古住宅を購入する場合は、建物の使用がフラット35が融資できる建物であるかの
チェックは必ず必要です。

これから、フラット35を利用する予定の人は覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。