おはようございます。
松崎です。
今日も天気悪い悪そうですね。雪が積もらなければいいですが・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

この時期になるとどうしても多くなる依頼が確定申告がらみの融資です。

去年の確定申告の所得金額が◯◯◯万円で今年はいくらで確定申告すれば
希望の融資額借りられるか??

という依頼です。

はっきり言ってこの時点では対応が遅過ぎるのです。
確定申告をしている方の審査は、営業収入ではなく経費等を控除した残りの金額が
審査基準になります。

確定申告書の所得金額が基準になるのです。

融資金額を増やすにはこの所得金額を増やす必要があります。
この所得金額を増やす為にやってはいけないのが経費等の控除額を極端に減らす事です。

以前ご相談いただいたお客さんで確定申告書の所得金額を増やすために経費等の控除額を
0円にしたお客さんがいました。

税務署からすれば納税額が増えるので嬉しい限りですが、融資を行う銀行が見れば
「毎年経費計上をしていたのに今回経費計上がない!?これはおかしい!」
となります。

仕事をしていれば経費を使わないということはありません。
あからさまに融資額を増やすために所得金額を増やす行為になります。

また、営業売り上げが前年と比べて上がっていないのに所得金額だけが上がるのも
銀行は不審に思います。

確定申告をしている方の場合、確定申告直前で申告金額をコントロールして
融資額を増やすという行為は、なかなか難しい問題です。

家を購入する予定があれば確定申告の金額など早めに計画していきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。