おはようございます。
松崎です。
今日は、建築の打ち合わせに立ち会ってきます。
どうやら追加の金額が家一軒分くらいになっているようです・・・。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

冒頭でも話したが住宅の建築は当初の見積もり金額よりも高くなる事が多い。

今日打ち合わせに立ち会うお客さんは、ご自身で追加が増えていてあらかたどのくらい追加になるかは
理解しているので良いが、全く理解して以内場合はクレームになりやすい。

最終的に追加見積もりが出てきて
「何でこんなに追加金額が増えているの!?」となります。

私のお客さんでも過去に何人かいる。

打ち合わせも終わりこれから建築確認申請を行う前に追加見積もりが出てきたらなんと800万円・・・
当然、お客さんはこんなに追加が増えるなんて聞いてない!となりました。

このお客さんは結局キャンセルになり増税前に建てる事が出来ず増税分損をした。
このお客さんの場合は、営業マンが打ち合わせの都度追加になる旨を話さず見積もりも出さず
最後の最後で追加800万円です!となりました。

それは怒りますよね。

実は、契約前に出されている資金計画や見積もりが安くなっている事がある。
家を建築するには、建築会社さん以外にも支払う金額がある。

建築会社が言っている金額は本体価格で付帯工事などの必要工事は入っていないことが多い。

本体価格は1500万円だが、付帯工事や外構工事、地番改良、インテリア工事、諸費用などなど
諸々を入れると2200万円。

何てことは普通にありえるのだ。

この様なトラブルにあわない為にも打ち合わせの都度、前回の変更内容の見積もりや概算金額を
教えてもらったり、資金計画に入っていない項目や金額が記載されていない工事に関しては
なるべく金額を入れてもらう事をお勧めします。

金額欄に「調査による」「計画による」など金額が入っていない時は、概算でもなるべく金額を入れて
もらいましょう。

後で金額が上がってそんなに払えない!
と言う事にならないようにしましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。