おはようございます。
松崎です。
今日は雪が降るみたいですね。
夕方からの打ち合わせができるか心配です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ちょっと間違った認識を持っている人がいるので今日はこんなお話をしたいと思います。
統計では住宅ローンの破綻者が全体の4〜5%ほどいると言われています。

予備軍まで含めるとその3倍とも言われています。

住宅ローンが払えなくなると銀行は一括返済を求めて来ます。
ここで一括で支払える人なんてほぼいませんので皆さん家を売却します。

借金が5000万円あったけど銀行から競売に掛けられて4000万円で売れた。

間違った認識を持っている人は、この4000万円で競売で売れて借金の残り1000万円が
自動的に無くなると思っているのです。

借金が自動的に無くなる・・・
こんな事は世の中でありません。

この残り1000万円はどうなるかと言うと銀行が1000万円の債権(返してもらえる権利)を
サービサーという債権回収会社に債権を委託したり売却をします。

そうなると残りの1000万円はこのサービサーに返済する事になります。
そしてこのサービサーがこんな事を言ってきます。

毎月1万円でも良いので返済してください・・・
1万円??中には5,000円で良いからと言ってきたケースもあります。

毎月その位なら返済できるぞ!と思い毎月返済を開始。
数年経過してふと気づきます。

いつまで払えば完済するんだ??

実は、完済はしません。
サービサーはこの債権に大体14%ほどの利息を付けています。
なので毎月1万円で年間12万円払っても債権が1000万円あれば年間で140万円の利息が増えて行きます。
7〜8年経つ頃には1000万円だった債権が一銭も元金が減らず利息が1000万円以上ついて
合計で2000万円を越えています。

そりゃそうです。
毎年12万円返済しているが毎年利息が140万円増えるのですから減るわけがありません。

この事を知らず、私のお客さんでコツコツ10年ほど払っていたお客さんがいました。

競売や任意売却で家を売却して返済しても残った残債まで銀行が免除してくれることはありません。

覚えて起きましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。