おはようございます。
松崎です。
今日は、研修二日目です。
大詰めです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談を不動産会社さんから受けました。

決済までにお客さんの資金が200万円足りなくなって、どこかで貸してくれる銀行は
ないか!?

という内容でした。

これはピンチですね。
想定していたよりも融資額が減らされてしまい資金ショートになってしまい尚且つローン特約の
期日も過ぎていたため今から解約すると違約金が掛かってしまう。

不動産会社さんのミスだと思いますが、この状況で助けてくれる銀行があるのでしょうか?
正直言うとありません。

融資承認が出ている銀行に増額の話をするしかありませんが、そもそも減額されているので
増額は不可能でしょう。

それで他の銀行で!
と言ってきたわけですが、他の銀行も貸してくれません。

万が一貸してくれたとしても住宅ローンの融資をする銀行に対して問題が出ます。
もともとその200万円の借金は無い前提で審査をしているわけですから、ここで急に
200万円の借金が増えたら審査している時と状況が違います。

やっぱり融資しない!と言われても仕方ありません。

そもそもこれはどこにミスがあったのか?

これはローン特約期日以内に融資額が足りないのであれば契約を解約する必要がありました。
そこを通り過ぎ直前にアタフタ・・・

このお客さんは、両親から借りれたので難を脱しましたが、もし借りれなければ大変な事に
なるところでした。

融資の問題は、早めに希望の額、期間借りれるかの判断ができる状況にしておかなければなりません。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。