おはようございます。
松崎です。
今日は山中湖からブログを書いている松崎です。
かなり寒いです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入する際に意外にびっくりするのが諸費用の金額です。
どのくらい掛かるのだろうか?

一番簡単なのは、売買価格の10%と覚えておくと良い。
10%で計算をしていればこれを超える事はないだろう。逆に越えるのであれば何かが高いのかもしれない。

シビアに計算をするのであれば8%位が妥当だと思います。

では、実際にどんな諸費用項目があるのでしょうか?
主な諸費用は下記です。

・仲介手数料
・登記費用
・火災保険料
・銀行保証料・事務手数料
・固定資産税等精算金
・修繕積立金準備金

などが主な諸費用です。

これは購入物件の種類によっても内容が変わってきます。

戸建てなのかマンションなのか、新築なのか中古なのかそれとも注文住宅なのか。

諸費用は購入物件によって項目が様々です。

一概にいくら掛かるというのは細かい見積もりを出さないと決まりませんが、大体売買価格の8%前後くらいに
なると言うことを覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。