おはようございます。
松崎です。
体調不良のため更新が遅くなりました。
今日は、午後から1件アポイントがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

借り換えをして支払う利息を下げる。
借り換えにはこんな効果があります。しかし借り換えを行うには多少の諸費用が
かかります。

それは、銀行に対して保証料や事務手数料、司法書士への登記費用です。

かかる費用は案件ごとに違いますがそれでも数十万円はかかります。
ただ、その諸費用をかけたとしても効果があるのが借り換えです。

借り換えの諸費用は40万円かかるが利息の軽減額は500万円・・・
であればメリットがありますよね。

40万円で500万円を買うようなものです。

とここまで借り換えには諸費用がかかると言って来ましたが銀行と上手に交渉ができれば
借り換えの諸費用を払わずに住宅ローンの条件を変える事ができます。

それが既存銀行への条件変更です。

以前、私のお客さんでの成功例です。

現在の住宅ローンが2.475%で借りており他の銀行で借り換えの審査をしたら
0.875%と回答がありました。

これをネタに既存銀行に行ってもらい交渉をしました。
その結果、既存の銀行は他行に借り換えられたくなかったので現在の金利を2.475%を
0.775%まで下げると言って来ました。

これで借り換えもせず条件変更の手数料の5000円だけで金利を下げる事ができました。

この様に交渉がうまくいけば借り換えをせずに既存銀行の金利を下げる事ができます。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。