おはようございます。
松崎です。
今日は、一日都内で打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談をいただいた事がある。
中古マンションを購入したお客さんでローンが心配だと言う。

何が心配なのかと聞いてみるとフラット35でローンの承認が出ていると言う事でした。
特任問題はないと思ったのですが話を聞いているとそのマンションは住む気はなく
賃貸に出すと言うのだ。

物件を探している時から投資用のマンションが欲しいと言う事で探しており
契約時にも投資用として購入する事は不動産会社に伝えており
不動産会社からも賃貸の家賃収入のシミュレーションまで出ていた。

と言う事は、当初より賃貸物件を探しておりそれを理解して不動産会社も物件紹介と
契約をしている。

それでフラット35のローンを通しているのである。

何が問題なのかは分かりますか?

フラット35は居住用の物件に対して融資するものであって
賃貸物件に融資するローンではないと言う事です。

これは完全に詐欺に当たります。

金融機関に居住用で住むと言っておきながら賃貸に出す。
金融機関を騙していますよね。

それが心配になりお客さんが相談に来られました。

投資用物件では、住宅ローンが組めません。
住宅ローンを組んでしまった後にやむを得ない事情で賃貸に出す事は
融資した銀行が許可すれば特に問題ありません。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。