おはようございます。
松崎です。
今日は、夜から取引のあるリフォーム会社の新年会に出席して来ます。
飲み過ぎないように気をつけたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をすると主に審査の対象は、申込人本人の属性と購入物件の担保評価などに
なります。

しかし、これ以外に審査されるところがあります。
それが原因で審査に落ちた案件が今までに数回ありました。

直近だと4年くらい前にあったのですが、こんな案件です。

中古物件を購入しようとしたお客さんでのことです。
もともと住宅ローンが心配なお客さんだったのでご依頼を頂きましたが、銀行に審査を出したら
その日のうちに否決の連絡がありました。

以前、即日否決になるのは申込人の信用情報に問題があると言いましたが
それ以外にもあります。

かなり稀なケースですが今回のお客さんもそれが理由でした。

それは、売主ブラックです。

文字通り売主さんがその銀行から目を付けられていてその売主さんの物件は審査が通らない
と言うことです。

申込人と物件は全く関係なし。
売主が原因です。

この場合の売主というのは主に不動産業者さんです。
土地を分譲したり中古物件をリノベーションをしたりしている売主さんです。

売主ブラックは、過去にその銀行と融資に関して揉めている事が原因になります。

なかなか無いケースですが、世の中には売主ブラックという案件があるのです。
私も当たったのが4年前なのでかなり稀ですが参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。