おはようございます。
松崎です。
連休3日目です。何だか急に年末感が出てきました。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの審査の際にお客さんから源泉徴収票の提出を躊躇されました。
理由を聞いてみると去年より年収が下がっているから心配だとおっしゃっていました。

年収が下がる・・・
確かに良いか悪いかと言うとイメージ的には悪い感じがしましね。
では実際のところどうなのでしょうか?

このお客さん場合はこんな理由でした。
システムエンジニアのお客さんで去年は残業が多かったが働き方改革で残業時間が減り
年収が50万円ほど下がる。

と言う理由でした。

最近、働き方改革でこのお客さんの様に残業が減り給与下がると言う方多いみたいですね。
だからと言って銀行で住宅ローンの審査をしたら落ちるかと言うとそんな事ありません。

サラリーマンの方ですし審査に落ちることはなく融資額がその年収の範囲で借りられると言う
事だけです。

決して審査に落ちてしまうと言うことはないと思います。
ただ、下がった理由は聞かれると思います。
その理由が銀行が好まない様なことであれば審査に落ちると言う可能性はありますね。

逆に年収が上がった場合も理由を聞かれることがあります。
昨年より年収が30%以上上がった・・・

この様な時は理由を聞かれることが多いです。

年収は下がっても上がっても理由を聞かれるんですね。
大切なのはその理由。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします