おはようございます。
松崎です。
今日は、四つ木のお客さんのところへ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お手伝いした住宅ローンの案件で銀行かこんな書類を要求された。
「通行承諾と掘削の承諾書をください。」
と言われました。

皆さんはあまり聞き慣れない書類かもしれませんが、ある一定の条件下で要求される書類です。

それは接道している道路が私道である場合や持分を持っていない、上下水道の管が他人の敷地を通っている場合に
通行承諾書や掘削承諾書を要求されます。

急に「ここは私道だから通らないで!」となる事は少ないのですが、銀行としてはこまります。
万が一住宅ローンの回収ができず競売にかける際に住宅の評価下げる様な事があれば
全額資金回収できない可能性がありますからね。

その為、既に売主が過去に通行承諾書や掘削承諾書を既に取り交わしている事もあります。
そういった場合は、書類を引き継ぐだけで大丈夫ですしその書類を銀行に提出するだけで
銀行は納得します。

中には不動産の取引の際に書類はこれから取り付ける・・・
という時もあります。

こんな時は要注意です。
その書類がもらえない事もあります。

非協力的な人がいれば書類にサインをする事を拒む人がいます。
こうなった場合、そんな物件はきっぱり止める事をお勧めします。

将来的に水道管が古くなって新しい水道管引き込む際に道路を掘削させてくれない!
となったらライフラインが絶たれてしまいます。

そんなリスクのある物件は怖いですよね。

通行承諾書や掘削承諾書は、不動産の契約の際にしっかりあるのか確認しましょう。
あとあと揉めない様にね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。