おはようございます。
松崎です。
今日は、1年かけたお客さんの融資実行日です。
融資が実行できてよかったです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、建築会社の営業マンからこんな相談を受けました。

営業マン「これから契約になるお客さんなんですが、どうやら来月に転職してしまうらしんですが
住宅ローンが通る銀行ありませんか?」

会社を辞める事が分かっている人には住宅ローンは出ません。
住宅ローンが出ない人とこれから契約するというのもどうかと思いますがね・・・

この場合、すぐに借りたいとなると方法は2つだけです。
以前、ご紹介いただいたお客さんでも同じ事がありました。

同じく転職が決まっていて住宅ローンを借りたいというお客さんでした。
このお客さんは、建築会社さんの方ですでにローンが通っていました。

ただ、主債務者がご主人ではなく奥様にして住宅ローンの審査をしていました。
これが2つの方法のうち1つです。

ご主人が転職してしまうのであれば別の人を主債務者に立てるしかありません。
このお客さんは奥様も働いていましたので奥様だけで借入希望額の承認が出ていました。

ただ、金利がちょっと高い・・・2%でした。

そして、もう一つの方法は、給与が少なくとも1ヶ月出るまで待って審査をするという方法です。
銀行によっては給与が1ヶ月でも支払われていれば住宅ローンの審査をしてくれる銀行も
あります。

この状態ではこの2つの方法しかありません。

私のお客さんは、奥様を主債務者にして金利は0.7%でご主人の勤続が2年を超えたら
債務者変更の審査を行うことを銀行と約束して融資実行をしてもらいました。

同じような境遇で住宅ローンを借りようとしている人は、参考にしてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。