おはようございます。
松崎です。
今日は、朝から事務仕事です。
夕方からは外出してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの本審査の審査期間は銀行によって違いがあります。
3日ほどで結果が出てしまう銀行もあれば7日以上かかる銀行もある。

この差は銀行内のオペレーションの違いですが、審査を始めてからも結果が出るまでは
個人差も出てきます。

審査結果が早く出る人もいれば予定よりもだいぶ時間がかかる人もいる

この違いは、単純に書類の準備だけです。
住宅ローンの審査には多数の書類が必要になる。

基本的な、源泉徴収票や公的書類もそうですが、申し込み人の状況によっては
プラスアルファで書類の請求がある。

追加書類の請求があれば多少の時間がかかるのはしょうがないが
基本的な公的書類の取得に時間がかかる人もいる。

場合によっては源泉徴収票を紛失してしまっている事もある。

こうなってしまうと再発行をお願いしなければならい。
転職していれば、前職の勤務先にお願いしないとならない。

書類を集めるのは意外に時間が掛かります。
それが前職にまでお願いするとなるとさらに時間がかかる。

勤務年数によっては、給与明細の提出を銀行からお願いされる事もある。
給与明細を捨てていればまた時間もかかる。

審査結果が早く出る人は、基本的に書類集めや記入書類に記入漏れがありません。
審査申込と同時に審査がスタートできます。

審査に時間のかかる人は、申込と同時に書類が揃っていません。
記入漏れもあります。

こうなると銀行担当者も手をつけられるところからしか審査が進められない。

審査を早く出すコツは、記入漏れ無し、書類不備無しです。
気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。