おはようございます。
松崎です。
今日は、久しぶりにみなとみらいに買い物に行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンのペアローンについてのニュースが出てました。
ペアローンとは夫婦そろって債務者となり住宅ローンを支払っていく仕組みです。

例えば
4000万円の住宅ローンを夫2000万円、妻2000万円名義で借りそれぞれが支払いをしていく住宅ローンです。
夫婦の年収を合算できる為、夫一人の年収で借りるよりも多く住宅ローンを借りる事が出来るメリットが
あります。

ただ、離婚をする際にはもめ事のネタにはなりやすいです。

実際、この手のパターンは何件も経験があります。
共有名義となっているため、どちらか一方が売却に反対すれば売却することは出来ません。

相手が持っている名義分を買い取って欲しいという言われることもあります。
妻が持っている持分2分の1を夫に買ってもらう。

夫に買い取ってもらい名義が1分の1になれば夫が自由に売却する事が出来ます。
しかし、相手の名義分の財産を買い取ると言うことはそれなりのお金が必要になります。

その時の土地建物の評価額が3000万円あれば夫の買い取り価格は1500万円です。
現金で用意出来れば簡単ですが、1500万円分のローンを組むとなれば大変です。

銀行から借りてこなければなりませんし、借りられなければ名義の移転も出来ません。

逆に名義の移転が出来たとしてたら今まで支払っていた住宅ローンの2人分を夫一人が支払う事になり
その支払いが現実問題出来るのか?という事も考えなければなりません。

現金もない、住宅ローンも借りられない・・・
そうなるとそのままにしておく・・・という事もありますが、これも危険です。

妻が出て行き夫一人で住んでいたが、妻の分の住宅ローンの支払いが滞り住宅ローンが滞納状態・・・
こうなると最悪の場合、競馬になってしまうこともあります。

自分の分の住宅ローンを払って住んでいた夫が妻が住宅ローンを滞納した事により家を出て行かなければならない事もあります。

ペアローンは、融資額を伸ばす上で良いですが、万が一の時には問題が発生します。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。