おはようございます。
松崎です。
今日は、商店会のイベントに参加してきます。
私は、弊社は餅つきと射的とワークショップを出します。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、久しぶりに自分の信用情報をCICから取得してみました。
特に何かあったわけではないのですが、仕事柄なんとなく定期的に見たくなるため
取得してみました。

ご自身の信用情報なんて見た事がない人が多いと思いますので
今日は、信用情報にはどんな内容が登録されているのかご紹介しますね。

まず、一般的に信用情報を取得する場合に日本には3つの個人信用情報期間があります。
CIC,JICC,JBA(旧KSC)です。

CICと JICCはカードなどの信販会社、クレジット会社が会員になっている組織で
記載されている情報もカードの支払い状況やクレジット関係の支払いです。

それに対してJBAは銀行系が会員になっており住宅ローンなどの銀行が貸している案件の
情報が記載されています。

今回、私が取得したのはCICなのでカードやクレジット系の情報です。

取得すると様々な事が記載されています。
住所、氏名、生年月日、運転免許証番号などの公的資料、勤務先の情報、配偶者の名前
契約内容、契約金額、キャッシング枠、支払い状況などなど

記載されている項目は多数あります。
ショッピングの分割払いで購入した商品まである程度わかります。

人に見られたら自分の個人情報が丸出しです。

連帯保証人になっている契約も出てきます。

一昔前は郵送が窓口に行かないと取得できませんでしたが
最近では、パソコン、スマホでも取得が簡単にできます。

たった1000円だけです。

興味のある人、これから住宅ローンをお申し込もうと思っている人は
一度自分の信用情報を取得してみるのもいいと思います。

こんな機会しか取得する事がないですからね。

ではでは!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。