おはようございます。
松崎です。
今日は、地主さんとゴルフに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、みなとみらいに建設中のマンションの最上階(58階)の部屋が212㎡あって8億円というニュースがでてました。
LDKも60畳近いそうです。

都内でも昨年に15億を超えるマンションの部屋が売れたそうです。

買う人いるんですね、
ちなみに8億円や15億円の物件を購入する際に住宅ローンは使えるのでしょうか?

各銀行の住宅ローン返済シミュレーション見ると借入限度額は1億円になっています。
基本的に住宅ローンの借り入れ上限額は1億円なんですね。

なぜ1億円かというと実は理由があります。
団体信用生命保険(以下、団信)の保障額が1億円という理由と保証会社が保証してくれる上限が
1億円となっています。
その為、住宅ローンで貸してくれる金額は1億円となっています。

これは、表向きの話です。
実際には1億円以上借りたという人もいます。

収入や信用状況、バックボーンなどによっては住宅ローンの金額に上限はありません。
いくらでも借りられるのです。

なので15億円のタワーマンションも8億円のタワーマンションも全額住宅ローンで借りることは
可能です。

但し、注意しなければいけないことが1点あります。

それは団信です。
冒頭でもお話ししましたが団信には保障額の限度があります。
通常の団信で1億円と追加の団信で1億円で合わせて2億円まで保障されます。

なので8億円を住宅ローンで借りて万が一の事があった場合、2億円分しか保険金が下りないと言うことです。
住宅ローンを全額完済することは出来ないのです。

なかなか住宅ローンを1億円以上借りるというケースは少ないですが、参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。