おはようございます。
松崎です。
今日は、全日本不動産協会の役員会に出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

日本は地震大国ですから地盤の強さに関しては気にする人も多くいると思います。

特に東京、神奈川、静岡などは地震が発生する可能性が高いので地震保険は全国の中でも
一番高い地域です。

そんな地域であれば余計に地盤の強さを気になりますよね。
地盤の強さは基本的に地盤調査を行わないと分かりません。

しかし、気にして頂きたいのはご自身が家を建てる土地だけでなく近隣などの隣接地の地盤も
じつは気にしてもらいたい。

ただ、隣接地の地盤がどのくらい強いのか?崖崩れはしないのか?などは正直分かりません。
しかし、地名から読み取ることも可能です。

数年前に広島で起こった土砂災害は、まだ記憶に新しいと思います。
災害が起きたのは広島市の八木地区という場所です。

この八木地区は元々違う地名でした。
その旧地名は「八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)」と名前だったという話もある。

名前からしてあまり良い地名ではありませんね。

この様に地名からもある程度そのエリアがどんな場所だったのかは予想がつく。
例えば地名に「台、山、丘」などがついていれば坂が多いエリアの可能性が高い。

「田、畑、沼、水」など水を連想させる字が使われているところは過去に畑や田んぼなど地盤がゆるいエリアだった
可能性がある。

広島の様に地名のイメージが悪いため宅地開発のした際に地名が変わっている地域もあるようです。

この様に地名だけでもそのエリアにどんなリスクがあるのかは予想が出来てしまうこともある。

もし、ご自身のエリアの事が気になったら調べて見ましょうね。
旧地名は市区町村や法務局、国立国会図書館などでも調べられます。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。