おはようございます。
松崎です。
今日は外出予定もなく一日事務仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査では銀行は間取りのチェックも行っている。
2世帯住宅でもないのに1階にも2階にもキッチンがある・・・
となると銀行は疑う。

賃貸に出すのではないか!?

住宅ローンは基本的に申込人本人が住むための居住用物件に対して融資を行います。
賃貸に出すための物件には住宅ローンの融資を行わない。

店舗や事務所に使うための物件も同じです。

私も何度も経験があります。
ハウスメーカーから出された間取りが不自然・・・

1階に大広間1つ・・・そしてミニキッチンとトイレ。
いかにも怪しい・・・

こう言う案件には、銀行も厳しい。
その大広間で何をするの!?
と当然ですが質問がきます。

その質問に対して回答が怪しければ否決になる。
仮に問題がなくても恐らく念書の提出義務が出てきます。

その内容は、賃貸や店舗などに利用せず自己居住用として使う。
という内容になると思います。

その約束を破ればペナルティーが発生する可能性もあります。
一括返済を求められる事も考えられます。

融資を受けてからの用途変更は基本的にルール違反です。
用途が変わる時は銀行へ連絡することが金銭消費貸借契約にも記載があります。

もし、融資後に用途変更を考えている場合は気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。