おはようございます。
松崎です。
今日は、ご縁あって郷ひろみさんのチャリティーコンペに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査では色々な書類が必要になる。
源泉徴収票、身分証明書、保険証、住民票、課税証明書・・・

以前、私のお客さんでこんな方がいた。

転職をしていて直近の源泉徴収票が1年分満額支給されていなかったので銀行から
直近1年分の給与明細を追加請求受けた。

その提出した給与明細で審査の状況が厳しくなりました。
給与明細を要求され提出したら雇用保険が引かれていないことが発覚。

一般的に雇用保険が引かれていないという事は、ありません。
必ず加入しなければいけない保険です。

アルバイトでも同じです。

このお客さんは、この問題で審査に落ちてしまいました。
完全に勤務先の失態です。

雇用保険が掛かっていないと言うことは、万が一会社が倒産した場合、雇用保険に加入していなければ
失業手当がもらえない。

と言うことは、住宅ローンの支払いもままならなくなり住宅ローンの返済が遅れてしまう可能性がある。
銀行としては、そのリスクは怖い。

本人も雇用保険が掛けられていないという事を把握していませんでした。
会社の規模が小さくなれば上記の様に雇用保険が掛かっていないこともあります。

皆さんもご自身に雇用保険が掛けられているかなどチェックしておきましょう。

住宅ローンの審査が通らないだけでなく失業保険までもらえません。
気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。